<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

建築写真の巨匠:Julius Shulman

昨日、Newport Beachで建築写真の巨匠、ジュリウス・シュルマン氏のサイン会があって行ってきました。ジュリウス・シュルマンと聞いてすぐに誰かわからない人でも、彼の作品を見ればほとんどの人が「ああ!」というほど、有名な写真を撮っているフォトグラファー。ミッドセンチュリー・モダンの時代に活躍した方で、なんと現在98歳!
e0117898_321108.jpg
これが世界的に有名なジュリウスさんの作品。ケーススタディハウス#22。

一週間前、主催者であるDesign within Reachのマネージャー、ロビンさんに教えてもらって知ったこのイベント。雲の上の人に会える夢のようなチャンス!逃すわけにはいきません。それまでに彼の写真集を買おうと思っていたのに、時間を作れず当日になってしまった。。。。(涙) 結局会場で買うことになったのだけど、なんせお高い。(笑) やっぱり前もって用意しておくんだった、と後悔するも、時すでに遅し。このスタジオで売っているのは基本的にケーススタディ・ハウスの設計図が入ったり、いろんな方の注釈が入ったものなので、彼の写真だけの写真集よりも随分お高いんです。でも、5000ドルのシリーズ本が何セットも売れていたのに驚きました。私はせいぜい$200の本を買うのが精一杯。
e0117898_319530.jpg
でも、実際、ジュリウスさんにお会いして、$200を高いなんて思ったのがバカらしくなるほど、感激しました。もう立派なおじいちゃんですが、その存在は、神がかった作品以上の神聖さを感じるくらい。

一応、イベントはサイン会ってことになってはいるものの、私の想像していた、行列をなして、ささっと歩いていかなくてはいけないものではなく、小規模のプライベートパーティーみたいな、居心地のいい素敵なイベントでした。

もっと宣伝すれば相当大きなイベントになるのに、、と思ったものの、よくよく考えたら、ジュリウスさんは高齢だし、あれだけの人数のサインをして、写真や握手にも快く応じてくれて、それだけでもかなりお疲れのはず。プライベートパーティーサイズでちょうどよかったのかな。

家に帰って、ゆっくり本を眺めていたら、カメラの後ろに立つ、精力的な男性の写真が。ああ、これが若かりし日のジュリウスさんか。。。思わずタイムトラベルをした気分になる。本の中のジュリウスさんに、「あなたは98歳過ぎてもお元気で、熱心なファンも相変わらずたくさんいて、とても幸せそうでしたよ。」なんて言ってみたくなりました。

e0117898_3242253.jpg


サイン会の様子。
始終ごきげんで、にこやかに談笑されるジュリウスさん。

一生に一度のチャンスかも。。。と思ったけれど
そうならないように、またどこかでお会いできますように。
[PR]
by turquoise_ring | 2009-01-20 03:27

みんな大好き・the mint!

ビクトリア滞在の二泊三日のうち、いったい何人の人にすすめられたことか、このレストラン。まずは初日の夜、夕飯に行きそびれた私たちが目的のレストランに入れなかった場面から。

時間はすでに10時前で、カルフォルニア同様、レストランはすでに閉店のお時間。どおおおおする~~~~?と、お目当てのレストラン前で立ち尽くす我々に、たまたまそこにいた若者たちが助け舟。「ここからああ行ってこう行った場所に、mintっていういいお店があるから行ってみて」と言うではないですか。そうなんですか~、ご親切にありがとう~。と、早速そのお店に向かった訳です。それが、このthe mintというレストラン。

e0117898_19461519.jpg暗すぎて、まともに写真撮れませんでした。

比較的すぐに場所がわかって到着したものの、実はあまりおなかがすいていない私たち。サラダとおつまみっぽいものだけ頼んで、地ビールをいただく。これだけでは、味がわかったか怪しいけれど、美味しかったと思う。

お店は、これでもかっていうくらい暗くて、おしゃれな音楽ががんがん。なるほど、若者が好きそうなお店である。とはいえ、私たちが浮くほど、他のお客さんが若いかというとそうでもない。割と大人人口多し。こちらも思わず東京夜遊び時代を思い出す感じで楽しくなる。ここでもやはり同じこと、うちの近所にもこういうお店があったらな~と思う。


健全なる人妻の我々は、もちろん深酒して羽目を外すこともなく、さっくりホテルに戻りました。狭い街なので、このお店からも、てくてく歩いてホテルまで帰れます。こういう感覚もいいなあ。

The Mint
1414 Douglas St, Victoria, BC V8W 2G1
250-386-6468
[PR]
by turquoise_ring | 2009-01-11 19:59 | 2008秋・カナダ

美味しいビクトリア。

今更だけど、ビクトリア日記です。旅行記って、やはり旅が終わってすぐに書くべき。ヨーロッパ日記も、カナダ日記も日がたつにつれて書くことがどんどんなくなくなるし。 でも、ま、一応今後の自分用に、何とか書き記ししておきたいので、覚えていることを書いておきます。

10月前半のビクトリアはすでに寒~い!でも、重装備していったので何ということはなく無事でした。まず空港からシャトルバスでホテルThe Magnolia Hotel & Spaへ。四つ☆半ホテルですけど、ロビーは小さいです。でも、さすがに部屋の中は落ち着いた雰囲気で素敵でした。マットレスとおふとんもふかふかで気持ちいい。合格。

腹ペコなので、どこかでランチをと思うものの、ホテルのレストランはクローズ中だし、外はあいにくの雨。ホテルの部屋から見えた隣のビストロっぽいお店に向かうことに。無計画に入ったお店なので、大した期待はしていなかったものの・・・これが予想を裏切る美味しさ。
e0117898_19132951.jpg
フレンチオニオンスープ、美味しい♪
e0117898_19135988.jpg
エッグベネディクトも最高♪ 奥の卵を見てもらえばわかりますが、黄身がオレンジ色~~~~!!!日本やフランスクラスですね。卵好きの我々、多いに喜ぶ。 これだけで、「ビクトリア最高」って思ってしまう私っていったい。うちの近所にもこんなお店があったらなあ。 そもそも、こんな美味しい卵売ってないし。

その後、旅行中に何軒か行った飲食店でわかったのは、ビクトリアは食事のレベルが高いということ。もちろん、日本とは比較できませんが、LA郊外の田舎から行った私にとっては(笑)、素晴らしい美食の街でした。

行ったレストランはこちら。
Bon Rouge French Bistro
611 Courtney Street
Victoria, BC V8W 1B7
[PR]
by turquoise_ring | 2009-01-11 19:27 | 2008秋・カナダ

今年の抱負。

あけましておめでとうございます。

静粛なお正月の雰囲気ゼロのアメリカですが、大晦日はお友達数名と賑やかなカウントダウン、そして、元旦は今年も友人宅でお母様の作る美味しいおせち♪と、楽しいお正月を過ごさせていただきました。

毎年、今年の抱負は・・・なんて言ってますけど、今年も言います。今年の抱負はズバリ「貯蓄」!!! 節約と資産運用も含めて、今年は貯蓄を増やすことに全力を注ぎたいと思います。それ、去年も言ってなかった?と、つっこみが聞こえてきそうですけど、今年は本気ですよ。
e0117898_4105771.jpg
去年は、とにかくいろんな場所に旅行に行けたし、よく遊ばせてもらった一年でした。旦那様、ありがとう。もうしばらくは大好きなフランスにも行かなくていいかな、と思っているくらいなので、今年は気を引き締めてがんばります!

2009年が皆様にとっても素晴らしい一年になりますように♪
[PR]
by turquoise_ring | 2009-01-04 04:19