カテゴリ:movies and music( 13 )

Audition。

netflixのインスタントウォッチでの日本映画二本目は「Audition」。
e0117898_7424987.jpg
何故こんな映画を観てしまったか?それは、netflixの映画の写真が小さすぎるせいです。この写真をみて、私もJも「あれ?これ、黒木メイサちゃんじゃない?」「メイサちゃんのコスプレ映画かな?」と、興味津々で見始めた訳です。映画の説明を読まずに、、、、。

そしたら、すごい映画でした。こういうのって何ていうジャンルなんでしょう。ホラー?カルト?とにかくエグイ映画です。普通の人にはお勧めできません。

途中で、なんだ、黒木メイサちゃんじゃないじゃーん、見るのやめようか、、、ってなったんだけど、石橋凌様がこんなB級映画に出てがんばってることだし、途中まで観ちゃったから、中年男性の恋愛をもうちょっと見てあげましょうか。と、ね。そしたら、後半、すごい展開になって、びっくり!悪趣味としか言いようがないけれど、強烈な印象を残してくれました。

でも、この映画も、数少ない邦画のリストに入っているということは、カルト的人気作品ということなんでしょうね。すごいですねー。
[PR]
by turquoise_ring | 2010-01-21 07:50 | movies and music

still walking/歩いても歩いても。

今日も雨です。カルフォルニアにしては珍しい豪雨です。こんなに降るのは一年に一度、雨期の今くらいですよね。昨日は雷もすごくて怖かった。それより、プールの水があと10センチで溢れ出ます。どうしよう。

こんな雨でどこにも出かけられないし、用事も後回しにしちゃっているので、お家で映画三昧です。先週末からずっと、Netflixで日本の映画を観てみました。
e0117898_7174157.jpg
まず一本目は、是枝裕和監督の「still walking(邦題;歩いても歩いても)」

面白いです!ツボです。映像はきれいだし、ブラックユーモアが散りばめられた会話も見事。その面白さに笑った後で、胸の奥の繊細な部分をどーん、と押されてしまう場面もあります。こんな映画がnetflix のインスタントウォッチで観られるなんて、驚き。いやあ、ほんと、何とも言えないこの気持ち、、、っていうのをすごく上手に表現している、いい映画だと思いました。

「誰も知らない」で有名になった是枝裕和監督なので、映画マニアの人はちょっと知っているみたいです。だから、netflix の中の数少ない邦画の中に入っているんですねー。最初は隣で、興味なさそうに他のことをしてたJも、どんどん私のパソコンに近寄ってきて、最後には一緒に観てました。

適当に、何の先入観もなく観た映画だったので、ものすごく素敵なプレゼントをサプライズしてもらった気分。静かで、情感豊な日本映画が好きな人は絶対に見ましょう。名作です。
[PR]
by turquoise_ring | 2010-01-21 07:27 | movies and music

the hangover

友達がおすすめしていた映画を観てみた。the hangover。
e0117898_16165696.jpg
バチェラーパーティーで、べガスに出かけた男性四人。翌日目覚めたら、部屋はめちゃくちゃ、トイレには虎!そして、別の部屋からは赤ちゃんの鳴き声。記憶がぶっ飛んでしまった男性は何も身に覚えがない。。。しかも一人が行方不明。よりによって、明日結婚式をする予定の彼が。

てな訳で、彼らは行方不明の花婿を探すべく、自分たちの昨夜の行動を究明しなければいけなくなるのだけど、これがどこまでもオバカで、ありえないけど笑ってしまう。こんな事、実際にあったら大変だけど、終わってみれば、こんな面白いこともないだろうなあ〜。

Mちゃんお勧めのこの映画、私もお勧め。ちょっと下品なものも受け入れられる方限定ね。
[PR]
by turquoise_ring | 2010-01-08 16:31 | movies and music

喰わず嫌い映画その2。JUNO。

前の日記に書いた通り、喰わず嫌いが多い私のこと。ブームが過ぎ去った後でたまたまテレビで放送していたのを観て、大好きになった映画も数知れず。
e0117898_1733512.jpg
日本でも去年公開されたらしい「JUNO」。全然興味がなくて、予告編を見てもまったく心が動かなかったこの映画。今年の頭にたまたまつけっぱなしにしていたテレビでやっていてはまってしまった。(笑)日本ではどの程度ヒットしたのか知りませんが、見逃しているお友達のみなさんいらっしゃいましたら観てみてもいいかもです。。10代の妊娠という深刻なテーマをとてもおもしろい展開でみせてくれます。
[PR]
by turquoise_ring | 2009-11-29 17:43 | movies and music

喰わず嫌いは罪、の巻。

今更だけど、マイケルジャクソンの「This is it」を鑑賞してきた。幻に終わったロンドン公演のリハーサル風景をドキュメント映画としてまとめられたこの作品。はっきり言って、こういう追悼系ビジネスな感じ、嫌だなと思って興味なかったし、観る気もなかったのだけど。どうも様子が違うみたい。単に今までの軌跡を辿るフィルムを無理矢理作ったのではなく、彼の最期となってしまった今年、彼がやろうとしていたことを観ることが出来る、貴重な映像であるということを知る。

追悼系ビジネスは嫌いだけど、マイケルジャクソンが嫌いな訳じゃないので、この作品を毛嫌いするのはおかしい。そもそも、何かにつけて、食わず嫌いが多すぎるのが私の短所でもあったりする。とりあえずそういうのは横に置いておいて。
e0117898_16572649.jpg

映画を観ながら思う。ああ、そうだ、これがマイケルジャクソンだった。King of Pop。音楽界で生きるスーパースター。この映像を観ながら、マイケルジャクソンについて、いろんな事を考えさせられた。プライベートでの奇行ばかりが取沙汰されるメディアに翻弄され、エンターテーナーとしての彼の才能を、人々は、そして私はあまりに軽視してきたのではないか。こんなに素晴らしい音楽を作り、歌い、パフォーマンスが出来る人、他に誰がいただろうか。

たとえ、100冊の雑誌が彼をどんなに書き立てようとも、それはあくまで100人の人が書いた記事にすぎない。ニュースでコメンテーターが何を言おうと、ほんの一握りの人の意見にすぎなかったはず。

この人は音楽とこの世の平和以外には興味がなかったのではないか。一つのことにものすごく秀でた才能がある人は、それ以外のことは、まったくもって非常識なほど無知なことが多々あるように思える。それが、彼程のスターになると、別の方面で「奇行」よばわりされることもあったのではないか。

スーパースターとなった彼は巨額の資本を動かせる大きな渦となり、本人の望まない利益の社会でもみくちゃにされたのかもしれない。

それでも。

この映像に映るマイケルは、パフォーマンスの細部、一小節の微妙なピアノの音、ひとつひとつを頑にこだわる。情熱や愛がなければこんな姿勢はないだろう。鍛え上げた肉体を持つ若いダンサー達と同じダンスを、それ以上のパフォーマンスを、あの細い体でこなすマイケル。これを観て、複雑な思いが消えた訳ではないけれど。これを観て、彼が生き返る訳ではないけれど。感動しないわけがない。やっと色眼鏡をはずし、不名誉な噂を疑うことが出来た。そのきっかけとなったのが他ならぬ彼の死であることが残念でならないけれど。

この世は生きている人の為のもの。亡くなった後で何を思っていても遅すぎる。貧しく生きて亡くなった後に巨匠となった、ゴッホやモディリアーニのような人を、もう出すわけにはいかないのだ。価値観や好き嫌いを、知らない人に操作されていないか、気をつけないといけない気がする。

もちろん、喰わず嫌いはもってのほかです。
[PR]
by turquoise_ring | 2009-11-29 17:05 | movies and music

Jason Mraz @ Hollywood Bowl

先週の土曜日、友達とJason Mrazのコンサートに行ってきました。いや~、すごかった~!楽しかった~! “今が旬”な人のコンサートは久々だったせいか、刺激的!(笑) 

カメラが禁止されていないのを知らなくて持っていかなかったので、人様のyoutubeの映像を転載させていただきます。これがオープニング!二分半くらいのイントロの後に始まる make it mineも大好き。うしろに写ってるアニメーションもおしゃれです。


コンサートの最後は、アメリカ中知らない人はいないんじゃないかと思うほどのメガヒット「I'm Yours」。

そして、アンコールでは、客席通路に降りてきての演奏。Luckyを一緒に歌うのは、Colbie Caillatではなく(当然)、Alysse Fischerという人らしいです。


アンコールの最後、本日最後の演奏はButterfly。後半は、客席からどんどこ観客がステージにあげられての大盛り上がり。いいな~!いやああ、とにかく最高でした~!!!

[PR]
by turquoise_ring | 2009-10-14 05:38 | movies and music

Fujiya & Miyagi

最近はまっている曲。Fujiya & Miyagiの"Sore Thumb"。名前で一瞬日本人のような気がしますが、イギリスのバンドです。wikiによると、Fujiyaというのは、レコードプレイヤーの名前で、Miyagiは、映画「Karate Kid」の登場人物からとったそうな。



私は集中したい時に、こういう音楽を聴きたくなる傾向にあります。
[PR]
by turquoise_ring | 2009-08-18 05:01 | movies and music

HOME。

HOME (English with subtitles)
[PR]
by turquoise_ring | 2009-06-14 01:57 | movies and music

Slumdog Millionaire。

昨日14日はバレンタインでしたね。お友達のみなさんは、旦那様からお花やプレゼントをもらって素敵なバレンタインを過ごしたようです。いいですねえ。ん、うち?え~っと、うちは、ま、いつものごとく、夫Jのファンシーデート大作戦は失敗に終わりましたよ。そもそも計画性というものがないのだから仕方ないのだけど。そんな訳で、いつもと変わりない普通の週末でした。予想通り。

そういえばもうすぐアカデミー賞か、と、去年友達の間で話題になった「Slumdog Millionaire」という映画のことを思い出した。観たいと思いながら早数ヶ月。あぁ。もうゴールデングローブ賞も受賞済みだし、とっくに上映は終わってるはずと思いきや、なんと近くの映画館で上映中!慌てて出かけてきた2009年バレンタインの夜。
e0117898_18355394.jpg
手に汗握るとはまさにこのこと。あ~、心臓酷使しすぎて疲れた。ハラハラドキドキ、全力で主人公のジャマールにすべての力をあげて応援したくなる。最後は、ちょっと涙出ちゃいましたね。インドという国の知られざる現状(と過去)に思わず目をそむけたくもなるけれど、これはすごくいい映画です。

ゴールデングローブ賞で4部門を受賞しているし、きっとアカデミー賞でも、主要な賞をいくつか受賞するのでしょう。とっても楽しみ。アメリカ在住の方は、まだ上映してますので是非観に行ってください。日本在住の方は、公開されたら是非観てください。


あ、もうバレンタイン終わってる。
来年こそロマンティックなバレンタインを過ごしたいなあ。
[PR]
by turquoise_ring | 2009-02-15 18:57 | movies and music

かもめ食堂。

何だかムショウに日本映画が見たくなって、先週末は我が家で日本映画祭りを開催しました。豪華4本だて。でも参加者は、私と夫Jのふたりだけ。ま、いつもですけど。

4本中、私が一番気に入ったのは「かもめ食堂」。舞台はフィンランド・ヘルシンキにある一軒の食堂。日本人女性が切り盛りするそのお店にいろんな人が集まってきて、空っぽだった食堂の席を、ひとつひとつ、うめていく様子が楽しいです。何気ない日々の場面場面をかわいくおいしく描いています。
e0117898_13513964.jpg

この映画に出ていたシナモンロール、超おいしそう~!映画を見た人なら絶対、あ~、焼きたて熱々のシナモンロール食べたい!と思ったはず。あと、しょうが焼きも美味しそうだったな。

そして、乙女心をくすぐるかわいい北欧デザインの雑貨たち。ちょうどマグカップを買おうと思っていたところなので、お店の真似をしてみよう。アメリカにも、こんなお店あったらいいのにな。IKEAの家具で部屋全体をまとめれば、立派な北欧デザインルームになるかしら。なんかちょっと違う気がするのは気のせい?

ちなみに、出演が、小林聡美、もたいまさこ、ときたら、室井滋でしょ~!!!と思ったら違っていて、片桐はいりさんでした!私はてっきり懐かしの「やっぱり猫が好き」の延長線上にある映画かと思ってたけど全然違うんですね。

基本を大切に、やりたい事をまじめに、丁寧に続けていれば、いい事ってあるのです。そして、美味しいものがあるところに人は集まる♪ そんな人々が集まる場所を作り、自分の居場所を見つけるのは何よりも幸せなことなのだと教えてくれたような。心がほっこり、顔はにっこり、そんな映画です。

ちなみに、Jはぐ~ぐ~いびきかいて寝てました。
男性には難しい映画かも。
[PR]
by turquoise_ring | 2009-02-05 14:15 | movies and music