<< 読書する私と林真理子。 Vintage jelly @... >>

神様。

神様っているんだろうか。「神との対話」によると、いるらしいけど。信じるか信じないかを問われた場合、相手によって答えを変えるのは私の得意技。なんとなく「なものいないよー」と表情を変えずに言った方が、ちょっと頭良さそうな気がするので、そうする事も多いけど、実際心の中はもっと複雑だ。思いっきり「いる」と断言するほどの人の前では、わりと信じてる感じでお茶を濁す。そういう人の前で「絶対にいない」というのも変だもん。信じているものを否定されることほど、心を傷つけられることはないだろうし。正直わからないことな訳だし。

それ以前に疑問に思うのは、みんな神様、神様って言うけど、「神」が皆それぞれ同じことを指しているのかどうか。宗教の頂点に君臨している神様とか、自然の摂理をたとえた神様とか、大宇宙の創造主とか。違うことを違うレベルで話していたら、話が噛み合ないのは当然。認識の違いを埋めるのも簡単じゃない。

私は最近、忙しくしていたことがすべて一段落して、また自分のペースの生活を取り戻したのだけれど。よく感じることがある。「何かに守られている」と。強く思うことが重ね重ねあるのだ。わからなかった答えをもらう。進むべき道をそれないように導いてくれる。私が壁だと思っていたものがまったく障害ではないと、教えてくれる。そういう見えないものの力を感じずにはいられない。ラッキーだとか、強運だとかの言葉では片付けられない、いや、片付けたくない何かがある。

何も感じないふりで、通り過ぎることも出来るけど、私は「見えない力」のひとつひとつに自分を振り返る。そして、それが正しいことであるという確信がある。感謝すべきその力を何と呼ぶかは、わからないけど。
[PR]
by turquoise_ring | 2010-04-19 16:40
<< 読書する私と林真理子。 Vintage jelly @... >>