ほったらかしすぎ。

おそろしいことに、このブログを最後に書いたのは、去年の10月!
完全放置でありながら、新しいブログよりもアクセス数があるのは何故?
アマルフィー関連のキーワードでひっかかっているのかな。

ちょっとまじめに書いた方がいいかも?
と思えてきました。

何用にするかが問題なんだけど。。
[PR]
# by turquoise_ring | 2011-05-31 15:43 | California

ひとり。

もうすっかり世の中から忘れられているかのような放置状態であったこのブログ。大丈夫です。私まだ生きてます。お仕事ブログとまとめようか、どうしようか、悩んでいるうちに、こんなに時間がたっていました。

最近よく思うんです。どんなに大勢の友達に囲まれても、どんなに愛する人と結ばれても、何人かわいい子供を産んでも、結局はひとりなのだなあ〜、と。私のこの息は私だけのもので、魂も意識も誰も触ることが出来ない。最後の最後に私は何を思うのだろうかと。

私は子供の頃から気性が激しくわがままで、大人になってからはそんな自分がとても恥ずかしく、きちんとした良識あるまともな人になろうと努力してきたのです。その努力が実ったのか、今では優しいとか穏やかとかいうイメージもあるらしい。でも、ちゃんとした人、いい人を目指すあまりに、人の気持ちを優先しすぎなかったか。自分の気持ちや意見を隠しすぎなかったか、それらの疑問も聞こえるようになってしまって。

そんな私が引いた、フォーチューンクッキーのメッセージはこちら。
Make it a rule of life never to regret and never to look back

何故かフォーチューンクッキーの言葉はその時の状況にビビっとくるものばかり。後悔しない人生のルール。それは自分の気持ちにまっすぐ生きていればいいのかなあ。
[PR]
# by turquoise_ring | 2010-10-30 08:04

リモワのスーツケース。

そういえば、結婚記念日ってプレゼント交換とかするんではなかったっけ? あれ、貰ってない。おかしい。と思いきや、ちゃんと遅れて届きました。
e0117898_10161770.jpg
リモワのスーツケース。

奥の大きいのが私用で、手前の小さいのがJ用なんだそう。私はまったく知識がないので知らないけど、私のはトパーズで、Jのはちょっと古くさいやつ?とかなんとか。私の方の中身はブルーの生地で、Jの中身は、こうなってました。
e0117898_10192343.jpg
飛行機の絵がすごくかわいい〜。遊び心を感じるデザインが、Jにぴったりな感じ。茶色が入ってるから、私はいらないけど。

前に使っていた私のスーツケースは、10年前に一万円で買った格安スーツケース。しかもショッキングピンクの。(笑)私も出世したなあ〜、としみじみ思った今日このごろでした。

J、ありがとね。
[PR]
# by turquoise_ring | 2010-07-17 10:24

読書する私と林真理子。

とりあえず時間が出来てきたので
本を貪るように読んでいる。

Book offで大人買い。読んだらすぐ売る。
でも、昨日5ドルで買った本が、タダ同然で買い取られて
それだけならまだしも、また5ドルで売っているのを見るのは切ない。すごく。

それでも、新書を買うのはもったいないので行く訳だけど。

好きな作家のミステリーを読破したので、エッセイに手を出した。
1ドルコーナーにあるエッセイ。
1ドルになるだけのことはあるのか、はたまたエッセイそのものが不人気なのか。

エッセイって、著者を好きであることが読むための必要条件だと思う。
誰も嫌いな人が書いたなんてことないエッセイなんて読みたくないもんね。

それなのに、何かの拍子に手にとった林真理子のエッセイ。
いや別に嫌いじゃなかったけど、どうも好きになる要素がないというか。
それが、文章読んだらツボ。
出会ったら大親友になれそうな気がする!とさえ思うようになってしまった。
いろいろな物事に対する感想が同じで、言ってることがわかる。
完璧にわかる。
あれっ、ちょっと待って、私は中村江里子カテゴリーじゃなかったのか?!
こっちだったのか!?

軽く衝撃を受けながらも、読み続けたのです。面白くって。
ああ、もうこれで何冊目?
そしたら、なんと、中野翠さんと大親友らしい。これも見逃せない。
中野さんのエッセイには何度か熱い涙を流しまして
私にとっては特別な物書きさんです。
でも、この人もマダム中村江里子とは遠いよね。
ああ、やっぱりこっち系か。
e0117898_18165355.jpg
何の役にもたちません。まじめな人は読まないでください。
[PR]
# by turquoise_ring | 2010-04-24 18:18

神様。

神様っているんだろうか。「神との対話」によると、いるらしいけど。信じるか信じないかを問われた場合、相手によって答えを変えるのは私の得意技。なんとなく「なものいないよー」と表情を変えずに言った方が、ちょっと頭良さそうな気がするので、そうする事も多いけど、実際心の中はもっと複雑だ。思いっきり「いる」と断言するほどの人の前では、わりと信じてる感じでお茶を濁す。そういう人の前で「絶対にいない」というのも変だもん。信じているものを否定されることほど、心を傷つけられることはないだろうし。正直わからないことな訳だし。

それ以前に疑問に思うのは、みんな神様、神様って言うけど、「神」が皆それぞれ同じことを指しているのかどうか。宗教の頂点に君臨している神様とか、自然の摂理をたとえた神様とか、大宇宙の創造主とか。違うことを違うレベルで話していたら、話が噛み合ないのは当然。認識の違いを埋めるのも簡単じゃない。

私は最近、忙しくしていたことがすべて一段落して、また自分のペースの生活を取り戻したのだけれど。よく感じることがある。「何かに守られている」と。強く思うことが重ね重ねあるのだ。わからなかった答えをもらう。進むべき道をそれないように導いてくれる。私が壁だと思っていたものがまったく障害ではないと、教えてくれる。そういう見えないものの力を感じずにはいられない。ラッキーだとか、強運だとかの言葉では片付けられない、いや、片付けたくない何かがある。

何も感じないふりで、通り過ぎることも出来るけど、私は「見えない力」のひとつひとつに自分を振り返る。そして、それが正しいことであるという確信がある。感謝すべきその力を何と呼ぶかは、わからないけど。
[PR]
# by turquoise_ring | 2010-04-19 16:40